【膀胱炎ナビ】 膀胱炎の原因


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。












sponsored link





膀胱炎は細菌の感染によって発症する病気です。腎盂腎炎と同じく大腸菌の感染が一番多く、構造上女性がかかりやすい病気です。男性の場合は尿道が女性の5〜6倍の長さがある上、尿道口と肛門が遠いので発症する例は非常に稀です。

よく「おしっこを我慢しすぎると膀胱炎になる」と言われていますが、これは本当です。おしっこを我慢しすぎると膀胱内で尿が長時間溜まることになり、細菌が繁殖して炎症をおこす引き金になるからです。女性の場合は、男性よりもトイレに時間と手間がかかり、トイレを我慢する機会が多いこともまた原因となっています。

さらに妊娠中の女性は膀胱炎になりやすいです。お腹が大きくなることで膀胱が圧迫されて、尿意を感じるのが早くなり、一回のおしっこの量も少なくなります。普段と変わらない生活リズムであれば、なかなかおしっこを我慢しがちになってしまい、膀胱炎にかかりやすいわけですね。
しかも膀胱炎にかかっても、妊娠中の薬の使用が赤ちゃんへの影響がありそうで恐い、というイメージから治さずにいる人も居ます。本当はこういった自己判断や周りからのアドバイスが一番怖いので、気になることは医師に相談するのが一番です。

また細菌が原因ではない膀胱炎も確認されています。「間質性膀胱炎」と呼ばれ、これについては諸説あるものの原因は不明で、現在もなお研究が進められています。



膀胱炎の症状
膀胱炎ナビTOP

sponsored link



copyright©2009  【膀胱炎ナビ】  All Rights Reserved