【膀胱炎ナビ】 尿について


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。










sponsored link





尿は、体の余分な水分や不要な老廃物を体外へ排出する役割を持っています。血液中に消化されたものが腎臓でろ過されて尿となり、尿管・膀胱・尿道の順に通り尿道口から排出されるようになっています。人は一日に平均5回ほど、量にして1.5リットル近くを排泄すると言われています。これは人生を80年とすれば、一生で約15万回、量にして約40トンを排泄することになります。

おしっこをすることは2つの意味があります。記述の通り余分な水分や不要な老廃物を排出する役目ともうひとつ、体の浸透圧の調節をして体内の水分量の調整の役目をしています。

正常な尿は弱酸性で薄い黄色をしています。通常であれば尿は95%が水分で残り5%が固形成分です。水分量によって濃度が変わり、外見も色の濃さが変化します。水を大量に飲んだ後の尿はほとんど透明で、逆にトイレを我慢した後の尿は色も濃くなっています。
固形成分は半分が尿素で、それ以外が塩化ナトリウムやアンモニア、カリウム、ナトリウムといった感じです。



尿の豆知識
膀胱炎ナビTOP

sponsored link



copyright©2009  【膀胱炎ナビ】  All Rights Reserved