【膀胱炎ナビ】 膀胱炎の症状


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。









sponsored link





膀胱炎の症状として、主に「頻尿」・「残尿感」・「排尿時の痛み」・「膿尿」・「血尿」などが見られます。頻尿や残尿感は発症初期からよく見られ、痛みや尿の変化は時間が経ってからになります。
頻尿や残尿感は膀胱の炎症による刺激が、尿意としての信号と脳が勘違いするために起こる現象で、実際は尿が溜まっているわけでもなく残っているわけでもない状態です。排尿時に感じる痛みも炎症の刺激によるものです。

膀胱炎の痛みは、おしっこの出始めではなく終わりかけや終わったあとで痛くなるのが特徴です。炎症を起こしていると膀胱の内側が敏感になり、膀胱に溜まっていた尿がなくなることで刺激を受けて痺れるような痛みを感じます。

悪化するまで無症状である場合も多く、放置されがちです。膀胱炎が悪化すると上記の症状がひどくなる上、細菌が尿管や腎臓にも侵入し炎症が広がって、尿管炎や腎盂腎炎といった病気を併発する可能性が高まります。腎盂腎炎が悪化すると、最終的に腎不全になり人工透析を余儀なくされることもあるので、軽い症状といっても油断はできない危険な病気です。



治療について
膀胱炎ナビTOP

sponsored link



copyright©2009  【膀胱炎ナビ】  All Rights Reserved