【膀胱炎ナビ】 治療について


sponsored link


  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。










sponsored link





膀胱炎の原因は細菌の感染です。細菌の種類によって有効な抗生物質を投与することで、基本的には治ります。

しかし、軽い症状の膀胱炎と診断された場合はなるべく薬を使用せず、基本的に自然回復を待ちます。細菌を洗い流すのが適切として、水分をなるべく多く取っておしっこの回数と量を増やします。尿の循環がよくなれば細菌が溜まることもなく、膀胱内に滞在していた細菌もきれいに洗い流せます。排尿時に痛みがある場合でも基本的にはこの方法で治療するので、水を飲むのを敬遠しがちですが、細菌が居なくなって炎症が止まれば痛くなくなるので、多少の我慢は覚悟しましょう。

抗生物質を扱う場合は、大腸菌であればニューキノロン系が用いられることが多いのですが、これは小児や妊婦には適合しないことがネックとなっています。妊娠中の膀胱炎の治療は、漢方薬を処方されることもあります。猪苓湯(ちょれいとう)などが利尿効果があり、保険も適応しているので用いられています。

成人であれば異変があればすぐに自身で診療を受けに行きますが、子供の場合はそうはいきません。特に子供は異変に気付いていても、なぜか親に報告してこないものです。おしっこに行きたがらなかったり、お腹をおさえるような仕草が見られれば、まずは問いかけてみるのが一番です。発見が遅ければ遅いほど、治療は困難になってしまうことを忘れないで下さい。



予防とケア
膀胱炎ナビTOP

sponsored link



copyright©2009  【膀胱炎ナビ】  All Rights Reserved